上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- --:--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]





「大人」にならなくてはいけない時期が近づいていると感じる。

今はまだ大学生という身分についた「学生」という言葉に甘える世間知らずの親のスネかじりのガキのままでいられるけども、僕はもう目の前に「就職」というまた新たな人生の転機を迎えていて、そして就職活動までの大学生活3年間のうち半分をとっくに終えた今、未だ僕は将来の道を探し出せずにいる。


僕は今、世間知らずの子供だ。

だから、世間を知ろうと努力している。
具体的には、大人になったらどれくらいお金がかかるのか、である。

月々はいくらもらえて、そのうちいくらが生活費に消えて、保険はいくらで、いくらあれば冠婚葬祭に困らず、そしていくらあれば、大切な人と暮らしていけるのか。


僕は今、世間知らずの子供だ。

それは、どれだけ僕の中に知識としての世間が貯まっていっても、実際の経験としての世間を僕は何一つ知らない。親元を離れて暮らしていく苦労も、会社に勤めて感じる疲労も、社会人としての自分の適応力も、そして自分がいずれ親になって経験することも。

それらを経験せずして、僕は大人になれない。
大人になりたいと願えば願うほど、世間知らずの子供があがいているだけだと、空回りする。


そもそもこうして、たかだか学部二年生の身分で大人になりたいと願い、努力すること自体が、世間知らず以外の何物でも無いのかもしれない。



今までは何でも「なんとかなるだろう」という気持ちで、それで実際なんとかしてきてしまっているから、なんとかなりそうもない今の状況が、たまらなく不安だ。

ああ、大人にならなくては。




[ 2013.11.17 14:54.45 | 雑記 | コメント:: 0 | PageTop↑ ]



秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。